私の心は小宇宙


by modsboy

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仕事とイデ

就職して約一月半。
毎日かなりマニアックだがおもしろい仕事をさせてもらっている。
あたふたしながらもようやく組織にも慣れてきた。
良い上司や先輩に囲まれて、ありがたいことに働きやすい職場環境だ。
と言うものの、ほとんど毎日丸一日出張で職場にはいないのだが・・・。

今日は深夜の2時に原付で出勤し、それから車で出張、帰ってきてお昼の12時に退社。
眠たいけど、適度?な疲労と充実感。

帰りにドライブがてら、フライデーに載っていたことに便乗し、ロマネスク建築な少年刑務所を見物。
その大きさ、立派さ、美しさに圧倒された。
f0096400_1716447.jpg


その後、地元にもどり真赤なスタミナラーメンを食べ逆に体調を崩す。
久しぶりに平日のパチンコを打とうと思うが、財布と相談し悩んだ末給料日前ということでやっぱりやめた。
ひまやから今からYahoo!動画で「伝説巨神イデオン」を見る。
タダで見れるしだいぶおもろー。

明日は朝3時起き・・・。
しんど。
[PR]
by modsboy | 2008-05-19 17:18

黄金の7人

黄金の七人
フィリップ・ルロワ / / アイ・ヴィ・シー
ISBN : B0000641U8





ブックオフでなかなか珍しいDVD発見。
ツタヤにもゲオにも置いてない映画。
以前から見たかったし、しかも安かったので買った。
実はこの映画あの「ルパン3世」の元ネタ。
モンキーパンチさんはこの映画からインスピレーションを受けてルパンを作ったらしい。
もちろん元ネタ峯不二子もいてたりする。
60sのイタリアのおしゃれ映画で内容もとってもオモローな映画でした。
[PR]
by modsboy | 2008-05-18 00:40 | cinema

好み

好みの本の種類も年を重ねるに連れ変わっていくもので、最近は日本文学に興味を持っている。
そんなに多くの作家の作品を読んだわけではないが、特に太宰治が好きだ。
「人間失格」、「斜陽」と読んだのだが、どちらの作品もなんとも言い表し難い衝撃を受けた。
太宰治は一言で言えば、「パンク」だと思う。
「パンク」という表現が正しいかどうかはわからないが、痛々しくて徐々に命を削ってやがて散っていく、そして決して自分には真似できないような生き方。
太宰治の生き方に比べれば、シド・ヴィシャスなんかちっぽけに思える。
むしろシド・ヴィシャスと比べるのが太宰治に失礼に当たるかもしれない。
上記の作品には共に、「堕落」、「悲愴」、そして「死」というテーマが共通しており、これらの作品を読むにあたり、「死」というものを意識せざるを得ない。
そして太宰治の日本語表現は繊細で美しい。
完全素人の自分からしても、人間の悲愴で美しい心理描写は天才的だと感じる。
作品中にもよく自殺が出てくるが、自殺は人生の美しい滅亡らしい。
決して自殺を良いとは思わないが、それも一つの思想。
作中にも出てきたが、「生きる権利があるのなら、死ぬ権利もある。」
ただ、最近流行りの硫化水素自殺は他人に迷惑をかけるしかっこ悪い。
硫化水素で自殺するような人は絶対に太宰治を読んでいない。
なんかまとまらんし終わり。
斜陽 (新潮文庫)
太宰 治 / / 新潮社
[PR]
by modsboy | 2008-05-18 00:29 | book